2016mamemebae1.png

 

 

 

 

早いものであれから1年。

今年もあっという間に農業の時期がやってきました。

年々1年が早く感じる今日この頃。

今年も、大豆の栽培をしましたのでブログにUPしたいと思います(^^

ford.jpg

 

毎年恒例のフォードトラクター。

今年の畑は地元の皆様のご協力のお陰様で18町歩(約54,000坪)と過去最大面積の栽培となります。

天候の関係で、通常なら畑を慣らしてから種まきが開始されますが、ほぼ同時スタート(^^;

そして、週間天気予報を見る限り、ノンストップで植えられれば雨まで間に合う。

間に合わなければ・・・梅雨入り=遅れる=大豆成長に関わる。

ということで、ヒヤヒヤしながらの非常にタイトなスケジュールでした。

なので、豆植え隊とは別に、地元の農家さんに協力いただき土慣らしに大型トラクター2台出動!

 

naras.jpg

 

慣らし終えると、ガチガチに固まっていた土もこの通り♪

サラサラとした土質で大豆栽培にはもってこいです。

土を耕したあとには、待っていましたと言わんばかりに鳥たちが餌を求めやって来ます(^^

 

mameue0.jpg

 

豆植えは、毎年恒例農協の年期の入った小型トラクターで。

まだまだ現役です。。。が!豆植え作業も中盤に差し掛かったある日・・・

シフトレバーが折れ、ギアチェンジができなく・・・。

急遽、修理屋さんを呼んで畑の中で溶接をすることとなりました(^^;

約1時間半ちょっと痛いタイムロスでした・・・。

 

mameu2.jpg

 

限られた農地、そして地元の皆さんに協力していただいた農地です。

少しでも土地を無駄にすることなく、良い大豆を育てるため、トラクターで植えた跡を1列1列・・・徒歩で確認です。

豆植えに不具合が起きていないか、また種がむき出しになっている所があれば鍬で土を被せてあげます。地味な作業ですがとても大切な作業。こんな地味な作業どこの畑見ても誰もやっていませんが・・・社長のポリシーに基づき行っています。

写真には写っていませんが、社長も私も鍬持ってひたすら永遠歩いていました(笑

 

hk.jpg

 

豆植え中天気が良く助かりましたが、いかんせん暑い。非常に暑い日が続きました。

お陰で様で顔も手も真っ黒。

 

itokun4.jpg

 

大豆は連作すると障害が起きます。なので、翌年は米または麦などを植えます。

こちらは麦を収穫した後の畑。残った麦わらが土に混ざり、非常に栄養が豊富な土壌になっているのですが、豆を落とす出口にたまに藁が挟まり豆が落なくなることも・・・。

そんな場合は、こうしてトラクターの後部に乗り確認です。

 

itokun3.jpg

 

ちゃんと確認用の椅子もこの機械には標準装備されているのです♪

 

tutituti.jpg

 

ちなみにこれが麦後の土。本当栄養が豊富。大豆の発育が非常に良くなります。

しかも、毎年栽培させていただいている加美町鳴瀬地区宿の土壌は大豆栽培には最高の土質。

 

rensyuu.jpg

 

何とか、そんな豆植えもスケジュール通り4日で終わる目処がつき、会社の裏の最後の畑は豆植の練習に。

ただトラクター運転するのと違い色々気を使います(^^;

 

itokun.jpg

 

今年も頑張った入社5年目、最年少の伊藤くんです。

彼は農業高校出身、その後板前と面白い経歴の持ち主。

普段は醤油担当ですが、農作業でも即戦力です。

畑ごとに植える前に豆の重量を計り計算・記録するのですが・・・本人曰くこれは自分の仕事です!だそうです(^^何やらこだわりと自信があるよう。

自信を持ってやれることがあるって良い事ですね。

 

itokun2.jpg

 

この真剣な眼差し。頼もしい限りです。

 

trak.jpg

 

そして、欠かせないもう一人の仲間です。

確か私が小学生の頃購入したこの三菱キャンターは、昔配達用とし活躍していましたが、現在は農業用とし現役でバリバリ頑張ってくれています。

機械も、道具一つにしても無くてはならないものばかりで、活躍に感謝、感謝です。

そして約4日をかけ、お陰様で今年も無事に豆植えが終了。

私達の豆植えを待ってくれていたかのうように、翌日からありがたき恵の雨。

今年は自然に愛されているなと実感した日でした。

初冬の刈り取りまで、気象が穏やかなことを祈り、植えた豆達の生命力を信じ、丁寧に管理していきたいと思います。

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

kengaku3.jpg

 

10月19日、仙台の有名ホテル料理長さん方々はじめ、食品事業者の皆様、宮城県庁の皆様方約20名で当社に工場見学にお越し下さいました。宮城県北部の食材を巡る旅の第一段目でございます。バスから降くる皆様を見ると普段お取引させていただいておられる皆様がほとんどでした。なかなか、お取引いただいていても、実際の現場を見ていただける機会は貴重ですのでこちらも力が入ります。まずは、当社のこだわりである大豆吟醸削り(味噌)について社長が説明させていただきました。

 

kengaku5.jpg

 

その後、工場や工程を説明させていただき、味噌食べ比べをしていただきました。今回は、料理人の皆様&食業界の皆様ということで大分マニアックなお味噌もご用意させていただきました。

 

kengaku6.jpg

 

kengaku8.jpg

 

kengaku4.jpg

 

今回は、前日より仕込んでいた羅臼昆布とサバの本枯れ節の合わせ出汁で味噌汁をご提供。事前に、老舗鰹節屋さんと打ち合わせを行い出汁の選択、抽出時間を吟味した組み合わせで今回味噌汁に使用した味噌にバッチリの味わいでした。その他にも、無添加京風白味噌、特別限定醸造品などもご試食。私共も見学や会話の中で新たなインスピレーションを受け大盛況のまま無事見学会を終えました。

 

kengaku9.jpg

 

ご多忙中にも関わらず、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

 
 

 

kouzyoukengaku8.jpg

 

先日、東京都世田谷区立千歳台小学校の皆さんが当蔵元にお越しくださいました。

栄養教論の吉村先生の提案で、先生や調理士の皆さんと一緒に味噌の勉強がしたい

休日を利用し完全プライベートでの工場見学です。

 

kouzyoukengaku2.jpg


まずは、私たちの味噌のこだわり、大豆研磨・精米施設に案内。

ここは、私達の味噌作りにおいてとても重要な施設です。

自社農場で栽培収穫した原料は100%ここで製造直前に下処理を行います。 

なぜ、直前精米なのか?皮を削るとどうなるのか?原料の水分値は?等

専門的なお話に皆さん真剣に耳を傾けてくださいました。

 

kouizyoukengaku.jpg

 

次は、工場内に入り糀室(こうじむろ)のご案内。

ここは、その名のごとく糀を作る部屋です。

ここでは私達がなぜ自動製糀でなく、あえて昔ながらの糀室・手揉み糀なのか。

そして、糀菌とは一体何なのか?そしてどんな生き物なのか?を説明させていただきました。

チーフさん目が真剣!

 

kouzyoukengaku3.jpg

 

次は発酵室をご案内。

ここは、仕込まれた味噌を発酵させるための専用の部屋。

発酵の期間や温度、みその種類などたくさんの質問をいただきました。

 

kouizyoukengaku1.jpg

 

kouzyoukengaku6.jpg

 

そして、今回は特別に食べ比べも実施。

私達が作って作っている味噌数点を並べて、テイスティングです。

手前から、仙台味噌・糀味噌・15割糀味噌・白甘みそ。

どのような違いがあり違いがあり、どんな料理にマッチするのか食べながら

ディスカッションです!

 

kouzyoukengaku4.jpg

 

このときは、味噌と色味の関係性を説明。

吉村先生の目が真剣です。

この時点で先生の配布資料にはメモがびっちり書かれていました。

普段からとても食に対する情熱が凄まじい先生。

こちらも、そんな先生の姿に刺激され説明に力が入ります。

 

kouzyoukengaku7.jpg

 

こちらも大分説明に熱が入り、予定時間を大幅に越して次は大豆の農場に移動です。

 

kouzyoukengaku11.jpg

 

大豆農場に到着。

ブログやSNSを見てくださっている方はお分かりと思いますが、

大分成長して立派に育ってくれています!!

 

kouzyoukengaku10.jpg

kouzyoukengaku9.jpg

 

畑の説明が終わった後に、給食に対する熱い想いを語る吉村先生。

食材の知識・生産者とのつながり・学校給食が子供たちにどんなことをして

あげれられるのか・・・など話は尽きません。

この後、石巻に皆さんをお連れし最後は仙台でお別れ。

こんな熱い先生の給食を食べられてる生徒さん方は幸せだなと感じました。

ありがとうございます。

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

| コメント(0) | トラックバック(0)

 
 
 

misodaisu.png

 

 

 


今日も早朝と夕方に、大豆畑の見回りです。

すると・・・発芽し、葉を今まさに広げようとしている芽を発見。

すかさず、車に戻りカメラを持ち出し撮影。

畑に行くと、毎日変化があり面白い。

そして、足繁く通うことで何より愛着がわくし、勉強になります。

 

その後、配達を済ませ今日はNOSAIさんの発刊されている農業共済新聞さんに

取材にお越しいただきました。

他誌様の記事では商品や受賞に関する内容の記事が多いのですが、

そこはNOSAIさんです、原料栽培をメインとした取材をいただきました。

私達の核の部分に触れていただき、とても有意義なひと時でした。

 

seigiku.png

 

そして、工場では製麹(せいぎく)初日。

自社栽培し収穫した米を、昨夜直前精米し浸漬、そして蒸しあげた後

麹菌を散布し麹室に移しました。

直前に精米できるのも、自社で栽培しているからこそ出来ること。

仕入米は精米されてきます。それも、精米してから時間経過しているので

品質は断然・・・。という訳です。

ご飯も直前精米が美味しく炊けるように、麹作りもまさに同じ。

今野醸造、こだわりの一つです。

 

 

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

2016mamemebae1.png

 

 

 

 

東北も、豆蒔き後すぐ、梅雨に突入。

雨、くもり、また雨・・・そんな天気が続いています。

今月初めに大豆を植えてから2週間程が経過しました。

私はといいますと、昨日から予定を変更して、また畑で仕事をしています。

畑の大豆も無事発芽しました!

葉っぱに見えるものは、豆が二つに割れた部分です。

きっと、次の写真を見ると分かりやすいかな!

 

2016mamemebae2.png

 

まるで、花が咲くように豆だった部分が地上に、

自らの下胚軸(かはいじく)によりおし上げられています。

ふー。一安心・・・。

 

2016mamemebae3.png

 

そして、少し成長しているのがこちら。

すっかり立派な葉をつけていますね。

これも、豆が変化してきたものです。

改て、生命って不思議ですね。

固くて、丸くて乾燥していた種がこうなるのですから。

 

2016mamemebae4.png

2016mamemebae5.png

 

そして、成長いちじるしいものはこんなに育ちました。

10cm以上はあるかな。

丁度、撮影前に降った雨の雫が葉っぱに乗っかっています♪

これが、実をつけて来年には仙台・糀味噌あなたのためにや、釜神、ミソルトなどに

なるんですよ(^^)

自然と生命と共存し私達は味噌を造っているんだなぁと改て実感。

 

2016mamemebae7.png

 

さ、今日は畑を切り上げようかなと空を見たら、虹がでてました。

久しぶりに見たなぁ。

そして、小鳥のさえずりも癒される。

畑仕事は疲れるけど、自然と触れ合えるのはとってもGOODなひと時です♪

ここから、さらに無事立派に育って欲しいと願うばかり。

 

 

ここからは余談・・・

今回は、種まき後雨が降りすぎたせいか発芽が他の畑より遅れたところが。

雨にやられて、種が腐ったかとヒヤヒヤし、日曜は急遽、朝から夜まで

社長とその畑をひたすら整備。。。。

とても気が気でない一日でした。

しかし、本日の朝畑に向かうと・・・

 

2016mameaseri.png

 

わかります?

うっすら真っ直ぐに緑の線が入っているのが!無事びっちりと発芽していました!!

よかった!!

 

2016mamemebae2.png

 

上でも掲載したこの画像は、ここのアップ写真なのです♪

立派に発芽です!!

それにしても、たった一晩でこんなに成長するなんて・・・

改て、大豆の生命力に感謝です!!

 

 

 

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

mameuemae6.jpg

 

 

 

畑のアッパーがけとほぼ時を同じくして、今年も今野醸造の大豆の種まきが始まりました。

約5日程かけ、約48,000坪の畑に植えていきました。

さー、大豆の豆まきのスタートです!

 

mameue1.jpg

 

最高齢のトラクターの登場です!

コンパクトで小回りも効き、さらにバリバリの現役です!

豆まき準備編でトラクターに装着していたアッパーロータのように、

豆まき専用の部品をトラクターに接続。

 

mameue2.jpg

 

持ち上げるとこんな感じです。

ちなみに、後ろのローターは豆を植えた後に土を被せ均してくれる役目があります。

これは、スタート前の整備の様子♪

 

mameue3.jpg

 

奥には、我が地元のシンボル薬莱山も見える格好のロケーション。

軽トラックに積んでいるのが、今年の種です♪

 

mameue7.jpg

 

種も、適当には植えません。

全て1枚1枚の畑に応じ、計算して重量を測り、トラクターに投入しています。

また、宮城県認証の特別栽培方を導入し、栽培しているので最低限の肥料等のみ。

全て計算し、チェックして撒きます♪

 

mameue4.jpg

 

さ、豆まきが開始されました。

小鳥のさえずりがBGMで流れる中、こんな風にトラクターは走ります。

 

mameue6.jpg

 

風は強いものの、この景色の中で、私達の味の原料を栽培できること。

本当に幸せだなと感じるひととき。

仕事ですが、心が洗われるそんな時間です。

 

mameue5.jpg

 

豆まきのオペレーターは工場長。

農業部門もこなします!しかも、オペレーション技術はピカイチ。

私もこっそり技を盗むため、チラチラ観察しています。

 

mamemaki11.jpg

mamemaki12.jpg

 

こうして、低速で丁寧に数日かけひたすら豆を植えて行くのです・・・

ただひたすらに・・・丁寧に。

 

mameue8.jpg

 

で、私はと言いますと・・・。

この畑のラインのあいだの部分(豆が植わっています)を・・・・

 

mameue9.jpg

mameue10.jpg

 

こんな棒を持ちひたすら歩いて、土がかぶさっていないところがないか確認。

あれば、土を丁寧に被せてあげます。

これもただひたすらに・・・。

ひたすら往復して歩いて見回りなので、1日畑を10kmは歩いてるだろうなというところです。

mamemaki13.jpg

 

こんな風に、地元の方の協力や支えの中、素晴らしい環境で今野醸造は

看板商品の無添加味噌あなたのために、仙台味噌釜神、

さらには今話題の味噌パウダーミソルトに使用される、

味噌用大豆の栽培に取り組んでいます。

社長曰く、取り組み開始20年が経過しても毎年新たな発見と勉強があるとのこと。

私は、これをこれからも続けていきたい。

そう思っています。

 

植え方は一段落しましたが、栽培はこれからが本番です。

怒涛の炎天下草刈や管理も大事な、栽培の工程です。

引き続き、今野醸造の原料栽培ブログUPしますので是非ご覧下さいませ。

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

mameuemae0.jpg

 

 

 

とうとう、種植えは残すところ大豆のみ!!

自然豊かな大崎平野の農場で、今年も豆まきができる日が近づいてきました。

しかし、ただ豆は植えられません・・・

土を丁寧に耕し、大豆の育つ環境を整備してあげなければなりません。

無添加味噌あなたのためにが出来るまでの道のりは本当に果てしない!!

 

mameuemae0.5.jpg

 

そこで、登場するのがトラクター!!

米栽培でも登場したフォードのトラクターです。

 

mameuemae0.6.jpg

 

こちらは、年代ものですがまだまだ現役で大活躍してくれているクボタのトラクター!

中にはオーディオも完備しています(^^

 

mameuemae1.jpg

 

このトラクターの後ろには、アッパーローターという耕すための部品が接続されます。

赤いカバーのしたには刃があり、土を耕してくれます。

 

mameuemae2.jpg

mameuemae3.jpg

 

さー!こんな風に持ち上げ、畑に出発です♪

ちなみに、豆知識ですが、トラクターにはきちんとナンバーが装着されているのです(^^

 

mameuemae4.jpg

 

遠目での撮影ですみませんが、こんあ風に低速で丁寧に耕していきます。

ただ、耕すだけではいけません。

水平でない土が平になるように、決して波打たないように。

そして、自ら走ったアッパーローターの凹凸部分を残さないように迂回方法を計算して耕します。

なぜかというと、丁寧に耕すことで限られた面積でも最大限の栽培ができることと、

また、来年米を植える際に作業に影響を与えないからです。

これは、今年の今野醸造の目標で、例年より更に磨きをかけ徹底的に丁寧に耕していきました。

 

mameuemae5.jpg

 

トラクターの車窓から・・・

どこかで聞いたようなことがあるフレーズですが(笑)

これは最後の1列を耕しているのですが分かりますか?

水平かつ、溝が出来ていません。

社長が考え出した、迂回方法と操作方法でこんなに綺麗に耕せました!!

運転していた私もこんなに綺麗に耕せたので気持ちよかったです(^^

近くの農家さんが、こんな綺麗な耕し方見たことないと褒めてくれました♪

約3000坪(1丁)を3時間30分ほどかけ耕します。

今年は16丁なので、全機でざっと60時間程(><)

 

mameuemae7.jpg

 

トラクターが大活躍しても、最後の仕上げは人力。

どうしても機械ではコーナー部分が多少荒くなります。

このように鍬で全畑のコーナーを最終仕上げです!

さ、いよいよ次は豆まきの開始です!!

大豆が畑に旅立ちます(^0^)

 

 

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

以前ブログでもご紹介させていただいた吟醸醤油使用の吟醸ロール♪

お料理上手なお客様でありフォロワーでもあるminamiさんが実際に購入し

Twitterで食レポしてくださいました★

素敵な画像だったので、思わずブログでご紹介させていただくことに♪

 

CikO7UQUUAA-dHf.jpg

 

ありがたいことに、吟醸も添えていただいています★

こちらの吟醸ロールは大崎市(三本木)の気仙堂さんのもの!

ザラメを使用したすっきりとした甘味の吟醸ロールです。

素敵な画像ですね!

 

CikO8B-UgAA20Gn.jpg

 

スポンジ部分は、ざらめの食感を残していてそれが良いアクセントになっています。

うぅ・・・食べたくなる(笑)

是非、大崎市にお越しの際は気仙堂さんで販売されていますのでご賞味下さいませ(^^

 

余談ではございますが、結婚式の際に自分が生まれた時と同じ重量のぬいぐるみなどを

ご両親にプレゼントすることがございますよね(^^

実は、minamiさんご夫妻は結婚式で両家ご両親に、当蔵元の無添加味噌あなたのためにを

生まれた時と同じ重量でプレゼントしてくださったのです!!

あなたのためには、当蔵元のシンボルでありとても想いのこもった大切な商品です。

その商品を、人生の大イベントで使っていただき大変嬉しく思います。

 

当蔵元では、弊社商品にまつわる思い出話や食卓のお料理画像などを募集しております!

HPブログ等でご紹介させていただきます♪

近々、HPにお客様のレシピコーナーも開設したいと思っております(^^

何かございましたら

info.jpg

にメールいただければ幸いです♪

宜しくおねがいいたします!

 

 

本ブログの画像提供 宮城県 minami様

 

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

 

 

 

 

hatuga.1.jpg

 

 

 

とうとう、成長した苗

 

naehakobi.jpg

 

苗たちを、特別使用のスクールバスに乗せて田んぼの学校に送り届けます。

軽トラではありません!!あくまでもスクールバスです。。。

しかしですね、この成長してくれた苗は土に水をたんまり吸ってくれていまして・・・

地味に重い。

田植え期間中、撒いた2,000枚の苗箱を全部車にセットすると手がバカになります(><;

只今、猛烈に関節痛+筋肉痛ナウ(^^;

だからこそ、無事に育って立派に実ってくれよーーーー!!

 

_5090264.jpg

 

さ、田んぼという学校に到着!

乗せてきた苗君達を、今度は一枚一枚また降ろします。

これも、きちんと計算した位置に置いていかないと後々大変なことになります。

 

taue4.jpg

 

田んぼは、既に先着した苗君達がどんどん植えられています。

この日も朝4時開始!

画像は最終日のものなのですが、この時期には大変嬉しい無風で

まさに最高の田植え日和でした!!

 

taue.jpg

 

こうして、田植え機械に苗を補給してあげます。

今回のオペレーターは工場長!!実家の田植えが終わり、今度は会社の田植えです(^^;

お疲れ様です!

 

taue2.jpg

 

さー!折り返し出発でーす!

 

taue3.jpg

 

この田んぼは、おおおそ3000坪、大きい田んぼは機械や人の移動が無い分効率良くはかどります。

こうして、3日かけて田植えが終了です♪

今年は機械トラブルもなく、順調に終了!あとは稲刈りまで天気を祈り、田んぼの管理をし

ひたすら草刈をしていくのみです(^^;

 

kamo.jpg

 

ふと移動中、会社前の自社水田を覗いたら、今度はつがいの鴨を発見♪

仲良く泳いで、餌を食べていました。

これも、環境がよく、特別栽培法で水が綺麗だからなのでしょうね♪

仲良しでいいねすね!ほのぼのします(^^

 

kamoneko.jpg

 

この写真が、地味に好きでUPします。

鴨の後ろを見ると・・・野良猫ちゃんが歩いています♪のどかだなぁ。

鴨は猫と同じ道でなくて一安心かな(笑)

 

私達のみそ造りは、他社と違いこうして自然とともに原料栽培から行っています(^^

手間ひまは、仕入れ原料と比べたら天と地の差だけれども、譲れぬこだわりです!!

社長が、20年前に味噌醤油蔵元から農業生産法人とし自社での原料栽培~味噌造りに着手。

㈲今野醸造は委託栽培でもなく、仕入れ原料でもなく、自分たちが納得し全てに携わる原料自社栽培蔵元。

本当に自信をもってお客様にお届けできる、安心安全の自社原料で味噌造りを行っています。

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853