2011年3月アーカイブ

kibou.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の田植えのために、現在水に漬けている米です。

田植えの準備はもう始まっているのです。

まさに3/11に、この種を水に浸漬していました。

なんとしてでも、今年も田植えができるよう頑張ります!!

この種が、東北の希望の種となりますように!!

anata.jpg

kyuuenn.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨日は、皆さんからいただきました救援物資と、米や味噌などを親戚知人がいる七ヶ浜町に届けさせていただきました。

皆様本当にありがとうございます。

のどをやられた為、マスク姿で申し訳ありません。

syoubuta.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七ヶ浜町菖蒲田浜への道。小さい頃海水浴と言えば毎年ここでした・・・。

言葉になりません。

こうして、道路があるのが当たり前のように感じますが、この道を通れるようにするのって、並大抵ではありません。

自衛隊の皆さん本当にありがとうございます。

syoubutahama.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここには、本来たくさんの住宅があり沢山の家族・笑顔がありました。

kyuuzo.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国の救助隊の方々が、懸命に救助活動を行ってくれていました。

tagazyousi.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰路につく多賀城市の国道。自衛隊の多賀城駐屯地付近です。

海から遠いため、誰もがここまで津波が押し寄せると思っていなかったはずです。

 

全国、世界中の皆様の温かいご支援ご声援のおかげで、日々少しずつ確実に復興しつつある宮城県です。

本当にありがとうございます。

 

想い

| コメント(0) | トラックバック(0)

kyukura.jpg

震災からもうすぐ2週間が過ぎようとしています。

徐々に倒壊した建物などの片づけが進んで参りました。

 

全壊してしまった昔の蔵、半壊した木小屋、柱の折れた自宅の片づけ作業の中で私達の歴史を身をもって感じました。

我が家の歴史は400年。その後、明治36年に今野醸造を宇喜治が開業いたしました。

初代宇喜治は 、明治時代の平均寿命40歳の中、65歳で味噌屋を始め、まさに命がけでこの今野醸造、今野家を残してくれたようです。

我が家の歴史を辿ると、明治の政策施策の中、 第二次第二次世界大戦の中、多くの存続の危機的困難が待ち受けていたことが覗えます。

しかし、先代達がその困難の中にも希望を捨てず死にもの狂いで働き、亡くなる直前まで家族、従業員そしてその家族を守り抜いたようです。

 

ですから、これらの建物は全て、遠い昔のご先祖様が、まだ見ぬ私たち子孫に向けて命をかけ残してくれた想いなのだと。

倒壊した旧蔵を見つめ、父である現:蔵元当主昭夫から、改めてそう言い聞かされました。

 

正直、子供のころは古くてかっこ悪いなと想ったことも多々あります。

新しい家や、建物にあこがれを大きく抱いたこともあります。

しかし、今はとてつもなくロマンと誇りを感じて仕方がありません。

これが、私の生きる道。この震災を通し、改めて私の進むべく道を確認することができました。

この命がけのタスキを、18代目とし後世に命をかけて渡す覚悟でございます。

迷いは一切ございません。私もこの道を全力で走り抜けてみせます。

多くのお客様、お取引先様からの励ましの電話やメール、支援物資までもいただきまして誠にありがとうございます。

一同皆様方の温かい応援に日々感謝しております。

本当にありがとうございます。

 

東京都 中島様

岡山県 フジワラテクノアート様(醸造生産技術トータルエンジニアリング)http://www.fujiwara-jp.com/

 神奈川県 つるが丘米店様 (五つ星マイスターのいる米店) http://e-sagami.jp/komeya/

 中村様

ご頂戴いたしました数多くの支援物資は、被害の大きな海岸部の被災者の方々にお届けさせていただいております。

本日届きました分は、週明けにも、再度海岸部の方に社長と共に届ける予定にしております。 

皆様の温かいご支援と想いぬくもりを、宮城県民として厚く御礼申し上げさせていただきます。

本当にありがとうございます。

 

 

 

今回の震災で犠牲になられた皆様・お客様に改めて、ご冥福お祈りいたしますと同時に、

ご不便おかけしているお客様皆様にこの場を借りて深くお詫び申し上げさせていただきます。

 

また、皆様も大変な中、多くの励ましの電話やメール、物資まで頂戴し誠にありがとうございました。

頂戴いたしました物資は、特に被害が深刻な海岸部の方々にお分けし味噌醤油とともにお届けさせていただきました。

皆様の温かいお気持ちに熱い勇気をいただいたような気がいたします。一同心より深く感謝申し上げます。

 

蔵も、若干ではございますが、復旧し始め昨日は醤油の火入れを行いました。

短い時間ではありましたが、懐かしい匂いに包まれ皆感激した次第です。

地域・会社の復旧は、これからが、本当の正念場になりそうです。

私も当面は、倒壊した建物の撤去作業に追われる日々が続きそうです。

しかし、決してあきらめることなく、一同更に団結し精進する所存でございます。

必ずしや、この宮城から頂戴いたしましたお言葉を、元気に変えて、

皆様にお返しさせていただきますことをここに誓います。

この度は本当にありがとうございました。

 

PS:宅配便は徐々に復旧し始めてきているようです。

ネットショップは、お客様にご迷惑をおかけしないようある程度復旧した時点で再開とさせていただきます。

ご迷惑おかけしますが、今しばらくお待ちくださいませ。

お急ぎのお客様は、お届けまで1週間(関東)ほどお時間いただきますが電話でのご注文で発送が可能でございます。

 

 

 

 

3月12日、東北関東大震災が発生しました。

お客様、関係者の皆様ご無事でしょうか?

発生当日からの多くのご心配の電話、励ましの電話やメールの数々

誠にありがとうございました。

弊社周辺は震度7。自宅はもう住めませんが、

一同無事で、工場の被害が少なかったので本当に良かったです。

海辺の皆様のことを想うと胸が痛みます・・・

 

さて、昨日やっと電気・電話が復旧したようです。

早速運送会社さんに連絡したところ、復旧の見通しがいまだたたないとのことでした。

お客様には大変ご迷惑おかけいたしまして申し訳ございませんが、

ご注文は後日いただけますようお願い申し上げます。

なお、本日より直売はできるようになりました。

水も出ますのでお子様、お年寄りのおられるご家庭でお水を探しておられる方

是非お越しください!

場所は、宮城県加美郡加美町下新田字小原5

電話は、0229-63-4004

営業時間 9時~17時

 

また、今現在問題の放射能ですが、チェルノブイリ原発事故の際、

赤みそ(仙台味噌)が体内に取り込まれた放射能を取り除いたとの報告が出ています。

ご心配な方は、赤みそを食事毎に摂取してください。

なお、だし入り味噌・即席みそ汁等は加熱殺菌されているので効果は見込めないと思います。

 

蔵元一同、今回の震災で犠牲になられた多くの方々に哀悼の意を捧げると共に、

更に力を合わせお客様に喜んでいただける美味しい味噌醤油造りと、

宮城の復興、貢献に全力を尽くす所存でございます。

このたびは、ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんが、

今後ともどうぞ今野醸造をよろしくお願い申し上げます。

乱文失礼いたしました。

一昨日の、宮城県地震では、非常に強い揺れを感じました。

醤油のタンクから少し醤油がこぼれるほどの揺れでしたが、

味噌も醤油も無事で本当に良かったです。

その後余震は続き昨日は早朝から揺れで目を覚ますなど、

昨日の昼には、まさに、ほろ酔いで良い気分。

NZの地震もそうですが、日頃からの備えも必要だと感じました。

皆様も、地震にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

 

barthday.jpg





















宮城県の有名なパン屋さん・天然酵母・石釜パンのばーすでい 野口様に工場見学にお越しいただいました。

きっかけは、こちらのHPでした。

ばーすでい様は、非常に人気があり、夢とこだわりと情熱があるパン屋さんです!

天然酵母で造り上げたパンを特製の石釜で焼き上げた本格的なパンが味わえます。

また、地産食材での商品開発も数多くやられておりますので、ここでしか味わえない味が豊富です。

野口様は農業にもお詳しく、昔の農業についてなど様々なお話をお聞きし楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

★天然酵母・石釜パン ばーすでい様★

店舗は利府店・仙台愛子店様がございます。

しかも、パン購入の方にはテラス席にてコーヒーが無料で味わえる特典付き。

おしゃれなお店のテラスで、美味しいパンを食べながらブランチもいいですよ!

お友達・家族で是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

ばーすでい様HPはこちらです ↓

http://www.ishigama-birthday.jp/index.php 

110305_1544~010001.jpg

















仙台市博物館にて、現在ポンペイ展が開催されています。

古代ローマ都市のポンペイは、ヴェスビィオ火山の噴火により、

一夜にして火山灰で埋もれてしまったローマ人の余暇地として世界的に有名です。

こちらの展示会では、ポンペイから発掘された貴重な品々が展示されています。

見学を通し、一番の驚きは、2000年前と現在でほぼ変わらぬ原型の日用品の数々でした。

当時のフライパンや食器、農耕器具など多くのものは現在と変わらぬ原型。

また、ポンペイには入浴施設があり、その入浴施設の要である温水をつくる設備は、

まさに現在のボイラー設備の原型といえるほど素晴らしいものでした。 

長い歴史の中で生まれた、それらの形やデザインは今も私たちの生活の中に多く溶け込んでいます。

遠い昔の人々が発明したものが、現在も私たちの生活に密接に関わっているということ・・・

なんだか、すごく神秘的なものを感じました。

 

味噌も醤油も、遠い昔に生まれ、今もほぼ変わらずに私たちの生活に密接しています。

新しさを求め創造することよりも、長く愛され必要とされるものを造ることがいかに難しく、

いかに意味のあることなのか。造り手として、そんなことを、私は感じました。

 

ポンペイ展は、5月8日(日)まで開催中です。

近くには青葉城や仙台西公園もあります。

是非足を運んでみてはいかがですか?

詳しくは、仙台市博物館HPよりご覧下さい。

http://www.city.sendai.jp/kyouiku/museum/tenrankai/index.html 

今春新しい取り組みをやってみる計画を立てています!

その計画とは・・・

とある品種の大豆を新たに自社栽培し味噌にします。

今から5月が待ち遠しいです。

4月に入ったら農場を整備し、準備を開始する予定です。

お味噌になるまでの道のりは、約2年です。

今後、進展あれば随時UPしていきます。

おはようございます。

先週は、亘理町の宮城のあられ石田さん・塩釜の蜂谷の餃子蜂谷さん・氏家農場氏家さんと

仙台にて飲み会がありました。皆さんこれからの会社経営者で非常に頑張って夢のある方々です。

今後、多方面で連携や情報交換を図り新しい取り組みを行ってゆけたらと思います。

やっぱり、同じ環境の者同士、夢を語りあうってのはいいですね~!

非常に楽しい時を過ごしました。

 

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。