2016年6月アーカイブ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 
 
 

misodaisu.png

 

 

 


今日も早朝と夕方に、大豆畑の見回りです。

すると・・・発芽し、葉を今まさに広げようとしている芽を発見。

すかさず、車に戻りカメラを持ち出し撮影。

畑に行くと、毎日変化があり面白い。

そして、足繁く通うことで何より愛着がわくし、勉強になります。

 

その後、配達を済ませ今日はNOSAIさんの発刊されている農業共済新聞さんに

取材にお越しいただきました。

他誌様の記事では商品や受賞に関する内容の記事が多いのですが、

そこはNOSAIさんです、原料栽培をメインとした取材をいただきました。

私達の核の部分に触れていただき、とても有意義なひと時でした。

 

seigiku.png

 

そして、工場では製麹(せいぎく)初日。

自社栽培し収穫した米を、昨夜直前精米し浸漬、そして蒸しあげた後

麹菌を散布し麹室に移しました。

直前に精米できるのも、自社で栽培しているからこそ出来ること。

仕入米は精米されてきます。それも、精米してから時間経過しているので

品質は断然・・・。という訳です。

ご飯も直前精米が美味しく炊けるように、麹作りもまさに同じ。

今野醸造、こだわりの一つです。

 

 

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

2016mamemebae1.png

 

 

 

 

東北も、豆蒔き後すぐ、梅雨に突入。

雨、くもり、また雨・・・そんな天気が続いています。

今月初めに大豆を植えてから2週間程が経過しました。

私はといいますと、昨日から予定を変更して、また畑で仕事をしています。

畑の大豆も無事発芽しました!

葉っぱに見えるものは、豆が二つに割れた部分です。

きっと、次の写真を見ると分かりやすいかな!

 

2016mamemebae2.png

 

まるで、花が咲くように豆だった部分が地上に、

自らの下胚軸(かはいじく)によりおし上げられています。

ふー。一安心・・・。

 

2016mamemebae3.png

 

そして、少し成長しているのがこちら。

すっかり立派な葉をつけていますね。

これも、豆が変化してきたものです。

改て、生命って不思議ですね。

固くて、丸くて乾燥していた種がこうなるのですから。

 

2016mamemebae4.png

2016mamemebae5.png

 

そして、成長いちじるしいものはこんなに育ちました。

10cm以上はあるかな。

丁度、撮影前に降った雨の雫が葉っぱに乗っかっています♪

これが、実をつけて来年には仙台・糀味噌あなたのためにや、釜神、ミソルトなどに

なるんですよ(^^)

自然と生命と共存し私達は味噌を造っているんだなぁと改て実感。

 

2016mamemebae7.png

 

さ、今日は畑を切り上げようかなと空を見たら、虹がでてました。

久しぶりに見たなぁ。

そして、小鳥のさえずりも癒される。

畑仕事は疲れるけど、自然と触れ合えるのはとってもGOODなひと時です♪

ここから、さらに無事立派に育って欲しいと願うばかり。

 

 

ここからは余談・・・

今回は、種まき後雨が降りすぎたせいか発芽が他の畑より遅れたところが。

雨にやられて、種が腐ったかとヒヤヒヤし、日曜は急遽、朝から夜まで

社長とその畑をひたすら整備。。。。

とても気が気でない一日でした。

しかし、本日の朝畑に向かうと・・・

 

2016mameaseri.png

 

わかります?

うっすら真っ直ぐに緑の線が入っているのが!無事びっちりと発芽していました!!

よかった!!

 

2016mamemebae2.png

 

上でも掲載したこの画像は、ここのアップ写真なのです♪

立派に発芽です!!

それにしても、たった一晩でこんなに成長するなんて・・・

改て、大豆の生命力に感謝です!!

 

 

 

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

mameuemae6.jpg

 

 

 

畑のアッパーがけとほぼ時を同じくして、今年も今野醸造の大豆の種まきが始まりました。

約5日程かけ、約48,000坪の畑に植えていきました。

さー、大豆の豆まきのスタートです!

 

mameue1.jpg

 

最高齢のトラクターの登場です!

コンパクトで小回りも効き、さらにバリバリの現役です!

豆まき準備編でトラクターに装着していたアッパーロータのように、

豆まき専用の部品をトラクターに接続。

 

mameue2.jpg

 

持ち上げるとこんな感じです。

ちなみに、後ろのローターは豆を植えた後に土を被せ均してくれる役目があります。

これは、スタート前の整備の様子♪

 

mameue3.jpg

 

奥には、我が地元のシンボル薬莱山も見える格好のロケーション。

軽トラックに積んでいるのが、今年の種です♪

 

mameue7.jpg

 

種も、適当には植えません。

全て1枚1枚の畑に応じ、計算して重量を測り、トラクターに投入しています。

また、宮城県認証の特別栽培方を導入し、栽培しているので最低限の肥料等のみ。

全て計算し、チェックして撒きます♪

 

mameue4.jpg

 

さ、豆まきが開始されました。

小鳥のさえずりがBGMで流れる中、こんな風にトラクターは走ります。

 

mameue6.jpg

 

風は強いものの、この景色の中で、私達の味の原料を栽培できること。

本当に幸せだなと感じるひととき。

仕事ですが、心が洗われるそんな時間です。

 

mameue5.jpg

 

豆まきのオペレーターは工場長。

農業部門もこなします!しかも、オペレーション技術はピカイチ。

私もこっそり技を盗むため、チラチラ観察しています。

 

mamemaki11.jpg

mamemaki12.jpg

 

こうして、低速で丁寧に数日かけひたすら豆を植えて行くのです・・・

ただひたすらに・・・丁寧に。

 

mameue8.jpg

 

で、私はと言いますと・・・。

この畑のラインのあいだの部分(豆が植わっています)を・・・・

 

mameue9.jpg

mameue10.jpg

 

こんな棒を持ちひたすら歩いて、土がかぶさっていないところがないか確認。

あれば、土を丁寧に被せてあげます。

これもただひたすらに・・・。

ひたすら往復して歩いて見回りなので、1日畑を10kmは歩いてるだろうなというところです。

mamemaki13.jpg

 

こんな風に、地元の方の協力や支えの中、素晴らしい環境で今野醸造は

看板商品の無添加味噌あなたのために、仙台味噌釜神、

さらには今話題の味噌パウダーミソルトに使用される、

味噌用大豆の栽培に取り組んでいます。

社長曰く、取り組み開始20年が経過しても毎年新たな発見と勉強があるとのこと。

私は、これをこれからも続けていきたい。

そう思っています。

 

植え方は一段落しましたが、栽培はこれからが本番です。

怒涛の炎天下草刈や管理も大事な、栽培の工程です。

引き続き、今野醸造の原料栽培ブログUPしますので是非ご覧下さいませ。

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

mameuemae0.jpg

 

 

 

とうとう、種植えは残すところ大豆のみ!!

自然豊かな大崎平野の農場で、今年も豆まきができる日が近づいてきました。

しかし、ただ豆は植えられません・・・

土を丁寧に耕し、大豆の育つ環境を整備してあげなければなりません。

無添加味噌あなたのためにが出来るまでの道のりは本当に果てしない!!

 

mameuemae0.5.jpg

 

そこで、登場するのがトラクター!!

米栽培でも登場したフォードのトラクターです。

 

mameuemae0.6.jpg

 

こちらは、年代ものですがまだまだ現役で大活躍してくれているクボタのトラクター!

中にはオーディオも完備しています(^^

 

mameuemae1.jpg

 

このトラクターの後ろには、アッパーローターという耕すための部品が接続されます。

赤いカバーのしたには刃があり、土を耕してくれます。

 

mameuemae2.jpg

mameuemae3.jpg

 

さー!こんな風に持ち上げ、畑に出発です♪

ちなみに、豆知識ですが、トラクターにはきちんとナンバーが装着されているのです(^^

 

mameuemae4.jpg

 

遠目での撮影ですみませんが、こんあ風に低速で丁寧に耕していきます。

ただ、耕すだけではいけません。

水平でない土が平になるように、決して波打たないように。

そして、自ら走ったアッパーローターの凹凸部分を残さないように迂回方法を計算して耕します。

なぜかというと、丁寧に耕すことで限られた面積でも最大限の栽培ができることと、

また、来年米を植える際に作業に影響を与えないからです。

これは、今年の今野醸造の目標で、例年より更に磨きをかけ徹底的に丁寧に耕していきました。

 

mameuemae5.jpg

 

トラクターの車窓から・・・

どこかで聞いたようなことがあるフレーズですが(笑)

これは最後の1列を耕しているのですが分かりますか?

水平かつ、溝が出来ていません。

社長が考え出した、迂回方法と操作方法でこんなに綺麗に耕せました!!

運転していた私もこんなに綺麗に耕せたので気持ちよかったです(^^

近くの農家さんが、こんな綺麗な耕し方見たことないと褒めてくれました♪

約3000坪(1丁)を3時間30分ほどかけ耕します。

今年は16丁なので、全機でざっと60時間程(><)

 

mameuemae7.jpg

 

トラクターが大活躍しても、最後の仕上げは人力。

どうしても機械ではコーナー部分が多少荒くなります。

このように鍬で全畑のコーナーを最終仕上げです!

さ、いよいよ次は豆まきの開始です!!

大豆が畑に旅立ちます(^0^)

 

 

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

このアーカイブについて

このページには、2016年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年5月です。

次のアーカイブは2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。