2016年 味噌原料大豆 豆撒き始まるぞー♪

| コメント(0) | トラックバック(0)

mameuemae6.jpg

 

 

 

畑のアッパーがけとほぼ時を同じくして、今年も今野醸造の大豆の種まきが始まりました。

約5日程かけ、約48,000坪の畑に植えていきました。

さー、大豆の豆まきのスタートです!

 

mameue1.jpg

 

最高齢のトラクターの登場です!

コンパクトで小回りも効き、さらにバリバリの現役です!

豆まき準備編でトラクターに装着していたアッパーロータのように、

豆まき専用の部品をトラクターに接続。

 

mameue2.jpg

 

持ち上げるとこんな感じです。

ちなみに、後ろのローターは豆を植えた後に土を被せ均してくれる役目があります。

これは、スタート前の整備の様子♪

 

mameue3.jpg

 

奥には、我が地元のシンボル薬莱山も見える格好のロケーション。

軽トラックに積んでいるのが、今年の種です♪

 

mameue7.jpg

 

種も、適当には植えません。

全て1枚1枚の畑に応じ、計算して重量を測り、トラクターに投入しています。

また、宮城県認証の特別栽培方を導入し、栽培しているので最低限の肥料等のみ。

全て計算し、チェックして撒きます♪

 

mameue4.jpg

 

さ、豆まきが開始されました。

小鳥のさえずりがBGMで流れる中、こんな風にトラクターは走ります。

 

mameue6.jpg

 

風は強いものの、この景色の中で、私達の味の原料を栽培できること。

本当に幸せだなと感じるひととき。

仕事ですが、心が洗われるそんな時間です。

 

mameue5.jpg

 

豆まきのオペレーターは工場長。

農業部門もこなします!しかも、オペレーション技術はピカイチ。

私もこっそり技を盗むため、チラチラ観察しています。

 

mamemaki11.jpg

mamemaki12.jpg

 

こうして、低速で丁寧に数日かけひたすら豆を植えて行くのです・・・

ただひたすらに・・・丁寧に。

 

mameue8.jpg

 

で、私はと言いますと・・・。

この畑のラインのあいだの部分(豆が植わっています)を・・・・

 

mameue9.jpg

mameue10.jpg

 

こんな棒を持ちひたすら歩いて、土がかぶさっていないところがないか確認。

あれば、土を丁寧に被せてあげます。

これもただひたすらに・・・。

ひたすら往復して歩いて見回りなので、1日畑を10kmは歩いてるだろうなというところです。

mamemaki13.jpg

 

こんな風に、地元の方の協力や支えの中、素晴らしい環境で今野醸造は

看板商品の無添加味噌あなたのために、仙台味噌釜神、

さらには今話題の味噌パウダーミソルトに使用される、

味噌用大豆の栽培に取り組んでいます。

社長曰く、取り組み開始20年が経過しても毎年新たな発見と勉強があるとのこと。

私は、これをこれからも続けていきたい。

そう思っています。

 

植え方は一段落しましたが、栽培はこれからが本番です。

怒涛の炎天下草刈や管理も大事な、栽培の工程です。

引き続き、今野醸造の原料栽培ブログUPしますので是非ご覧下さいませ。

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-miso.com/mt/mt-tb.cgi/108

コメントする

このブログ記事について

このページは、e-misoが2016年6月 8日 20:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2016年 味噌原料大豆 豆撒き準備が開始!!」です。

次のブログ記事は「2016年 味噌原料大豆 芽生え編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。