2013年10月アーカイブ

PA307062.png

 1108301_00019_l.jpg

 

昨日の味噌鑑評会授賞式の前に、お世話になっているホテルメトロポリタン仙台

日本料理「はや瀬」さんでランチをご馳走になってきました。

昨日、ユネスコの世界無形文化遺産候補の事前審査を通過した「日本料理」を

たっぷりと堪能して参りました。

 

PA307097.png

 

早速ですが、「はや瀬特性手打ち蕎麦」をオーダー。

彩も鮮やかで、楽しみにです!

写真に写りきらなかったのですが、奥には特性手打ち蕎麦もあります!

ちなみに蕎麦は、更科蕎麦、二八蕎麦のどちらかを選べます。

本日は、更科蕎麦をお願いしました。

ちなみに、更科蕎麦とはそばの実の内側を挽き、そば粉に仕上げ打つお蕎麦。

香りが立ち、そばの色も白いのが特徴です。

写真なく申し訳ありませんが、まるで白銀のように輝く、こしのある

大変美味しいお蕎麦でした。

 

PA307122.png

 

小鉢のおひたし。

野菜の旨みと、さっぱりとした味付けがとても美味しかったです。

和食って本当に世界に誇れる食文化だとしみじみ感じました。

 

PA307127.png

 

お寿司もついていますよ!

そして、奥にある天ぷらがこれまた美味。

天ぷらの揚げの技術は、日本料理でも店の技の輝るところ。

そんな、お話をよく料理人の皆さんからお聞きするのですが、

非常に軽い揚がり具合で、素材の旨味が口にするとふわっと広がる。

大変美味しい天ぷらでした。

今世界で最も注目される「日本食」を是非堪能してくださいませ!!

 

ホテルメトロポリタン仙台 2階

「日本料理 はや瀬」 

昼の部 11:00~14:00

夜の部 17:00~21:30

電話 022-267-2143

※季節や食材の入荷状況により内容がかわる場合もございます。

※電話予約をされるといいかもしれません(^^

 

 

 

 

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

 URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

 

 

 

 yamakoukanban.png

 

先日、休みの日に塩釜魚市場の叔父の店「山幸渡辺商店」にマグロを買いに行きました。

塩釜と言ったら、やっぱり「マグロ」!!

この日は、日曜日ということもあり場内は混んでおりました。

このノスタルジックな感じの看板が素敵です。 

 

yamakou4.png

 

塩釜には本当沢山の寿司屋がありますが、塩釜でも有名な寿司屋さんなどが

仕入れに来るほど品質は折り紙つき。 

本マグロ、メバチ、キハダ・・・取り揃えも色々です。

醤油と・・・いや、当蔵元の吟醸と切っても切り離せないほどの関係のマグロ!

正直、私はオーソドックスではありますが吟醸はマグロとワサビとの相性が

一番好きです! 

 

yamakou.png                        
 

正月にむけ年末は特に混み合う塩釜魚市場。

高校生の頃、私も叔父の店に泊まり込みでアルバイトに行ってマグロを

少しばかり売らせていただいていました。

それから十数年経った今、仕入れに来られていた料理店の親方さん方と今は

味噌醤油の仕事でお世話になっていたりとちょっと不思議な気分です。

うーん、美味しそう!赤身もいいですが、トロも美味い!

 

yamakou3.png

 

松島への観光や仙台への旅行の際は是非是非塩釜魚市場「山幸渡辺商店」へ

マグロを買いに行ってみてはいかがでしょうか。

私の関東の友人も宮城に来ると、買って宅急便で送ります。

お店で発送してくれますので便利ですよ。

お勧めです!!

 

塩釜魚市場 場内

山幸渡辺商店(ヤマコウワタナベショウテン)

022-366-7460

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

 

 

 

inaho.png

 

夕焼けに、頭をたれる稲穂。

東北の秋の訪れを感じさせる風景の一つです。

今年は、梅雨がずれ込み、梅雨明け後は雨がなかなか降らずに一時はどうなることかと

心配しましたが無事に稲刈りを終えることができました★

夏の炎天下の中、早朝四時に草刈機をトラックに積み込み夜まで永遠と草刈をする日が

何度あったか・・・毎年ながら草刈はくたびれました(^^;

でも、この実った稲穂を見るとそんな苦労も吹き飛びます。

 

inekari.png

 

コンバインで刈って、トラックに積み込み、乾燥部隊に受け渡し、

夜通し乾燥させ、翌日に米袋に入れる。

この作業が今年は2週間かかりました。

 

inekariyoru.png

 

後半は雨の予報もあり、夜までナイターで稲刈り。

自然の中で、自然と戯れ汗を流す。

すごく気持ちがいいお仕事です。

そして、この空、映画にもあるマジックアワー?て言うのでしょうか、

短い時間ですが、すごく綺麗でとても好きです(^^

 

komekansou.png

 

刈り取りした米は、この乾燥機で一晩掛け乾燥させます。

とても大きな機械です。

美味しくなれ・・・と願い、稲刈りの一日がこうして終わります。

お陰様で今年も美味しいお米が収穫されました!!

あとは、大豆の収穫が来月から始まります(^^

このお米も大豆の収穫と乾燥を待ち、来年初旬頃には仕込み。

秋には、お味噌になり皆様に召し上がっていただけます★

私達のお味噌造りへの道のりはここでようやく半分手前。

皆さん楽しみに待っていてくださいませ(^^★

 

konnojyouzou-ginzyou-zyusyou600.jpg

 

dai41kaizenkoku.png

dai41kaizenkoku2.png


平成25年10月1日、日本醤油技術センター主催 第41回全国醤油品評会におきまして、
 

㈲今野醸造の本醸造「吟醸」醤油が、第1席となる「農林水産大臣賞」を受賞いたしました!
 

吟醸は、発売開始以来、今大会で5度目となる第1席 農林水産大臣賞5度目の受賞と、
 

身に余る栄誉に賜る事ができました。


一同、更なる美味を追求すべく技術研讃に励む所存でございます。


今後共、今野醸造「吟醸」のより一層のご愛顧、応援のほど宜しくお願い申し上げます。



dai42kaizenkoku3.png

 

全国醤油品評会での今野醸造授賞の様子です。

 

dai41kaizenkoku4.png

 

 向かって前列中央左が、今野醸造の当主でございます。

 

dai41kaizenkoku6.png

 

授賞式後のパーティーで今野醸造、当主受賞記念撮影。

当日は、朝5時起きで東京に向かいました。

 

dai41kaizenkoku5.png

 

工場長も満面の笑み!

 この日のために、毎日早朝から誰よりも早く工場に向かい技術研讃に励んだ工場長。

これからも、今野醸造そして本醸造「吟醸」をどうぞ宜しくお願いいたします。

 

ginzyouonrei.jpg                             

 平成25年10月吉日

蔵元一同

 

<仙台味噌醤油蔵元 ㈲今野醸造 >

URL http://www.e-miso.com

宮城県加美町下新田字小原5

電話 0229-63-4004

FAX 0229-63-5853

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。