震災その後

| コメント(0) | トラックバック(0)

sinsai.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倒壊した旧蔵と木小屋の片づけが進みました。

こちらの廃材は決して無駄にすることなく、薪ボイラーを設置しお風呂などの温水に再利用しようと計画しています。

片づけをしている中で、昔の職人の凄さを痛感しましたので書かせていただきます。

蔵はよく、土蔵(どぞう)と言われます。読んで字のごとく土でできているからです。

土蔵は、石の土台と竹を編んだものに、藁で編んだ縄で補強をし、土を塗りこみ造られています。

たったこれだけの骨組みで100年以上も建っていたことを想うと、昔の職人さんの技術力に感動しました。

しかも、片づけをしている間に壁は見る見るうちに、さらさらの土に戻ってゆく・・・。

しかも、竹の柵以外、中に混ざるものは藁の縄のみ。

本当にエコで丈夫な建物。先人の知恵と技にまさに脱帽でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.e-miso.com/mt/mt-tb.cgi/63

コメントする

このブログ記事について

このページは、e-misoが2011年4月 9日 11:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「余震に伴う配送についてのお詫び」です。

次のブログ記事は「今年も味噌原料の自社栽培がはじまりました!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。