今野醸造の紹介

kuramotosyoukai.jpg

rekisi.jpg

当蔵元は、仙台市より北に位置する加美町(旧中新田町)にございます。

加美町は、奥羽山脈から吹き降ろされる雪と風による豪雪地域でもあり、

また、全国屈指の米処でもございます。

我々は、約400年以上昔の江戸時代よりこの地で農業を営み、

多くの穀物、作物を育ててまいりました。

明治三十六年に今野味噌醸造元とし初代蔵元当主「宇喜治」が

創業以来百余年、多くのお客様に愛され今に至ります。

初代宇喜治は65歳老いた体を駆使し、

はるか遠く先のまだ見ぬ私達に、蔵人として生きる道を残してくれました。

 
kodawari.jpg

 

私達が追い求めるものは、「常に最高品質のみ」。

伝統技術や卓越した技法を基礎に、研鑽努力しております。

また、最高の味噌原料を求め、20年前より農業生産法人とし地元加美町にて

本格的に大豆と米の栽培を開始。

蔵人自ら原料栽培から仕込み蔵出しまで行う、全国でも非常に珍しい蔵元です。

白いキャンバスに絵を描くように醸し出す、それが私たちの味造り。

発酵は生き物相手、だからこそ一番必要なのは白いキャンバスなのです。

  

 

 私たち、㈲今野醸造が他の味噌屋さんと違うところ

 

①大地とともに、種まきからの味噌造り

②原料栽培は「宮城県特別栽培認証」

③美味い味噌の決め手は「糀」!徹底された糀造り
④積み重ねられてきた高い技術と、磨き抜かれたセンス
⑤一番美味しいタイミングで蔵出しされる深い味わい ~熟成蔵出し~
⑥全国での数多くの栄光が品質の高さを物語る
  ⑦私達は、白いキャンバスに絵を描くように味を造り上げる